今の青汁は苦くないものがほとんどでグイっと飲める

今の青汁は苦くないものがほとんどでグイっと飲める

今では、いろんなお店で目にするようになった「青汁」ですが、
皆さんは飲んだことがあるでしょうか?

 

昔CMなどでは「まずい!」というフレーズで、
真緑だし、苦そうだし…というイメージを持っている方もいらっしゃると思います。

 

しかし今の青汁は、苦くないものがほとんどなんです。
飲みやすさのために、甘く加工してある青汁もあります。
牛乳などに溶かして、グイっと飲めるタイプのものもあります。

 

「青汁」は、栄養素がとても豊富です。
ビタミンCから、βカロテンなどの栄養素や、
食物繊維などの成分がたくさん含まれています。
便秘に悩む方から、美容に気を遣っている方まで、
様々な用途で皆さんの役に立つ効果が期待できます。

 

使われている主な材料によっても、期待できる効果はそれぞれ違います。
例えば「ケール」という葉物野菜を主な原料にしている青汁には、
抗酸化作用を高めてくれるビタミン類が豊富ですし、
メラトニンという睡眠に欠かせない物質も含まれています。

 

そして「明日葉」という野菜を主な原料にしている青汁は、
カルコンという物質を含んでいて、
身体の老廃物を流すのを促してくれる役割があります。

 

このように、
青汁の原料によっても効果が違いますので、
自分の用途に合わせて様々な種類から選んで飲むと楽しみも効果も倍増します。

 

しかし、ものすごい種類やメーカーの中から
青汁を選ぶ際にも、注意が必要です。
安全、安心なものでないと、健康になるよりも前に、身体に影響が出てしまう場合もあります。
では、どんな青汁であれば安心して飲むことができるのでしょうか。
青汁を選ぶ際のポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 

1.原材料の産地が表示されているもの

 

青汁の原料である野菜の産地が、どこで作られているのかわからなければ、
ちょっと不安ですよね?
もしかしたら遠い国で、農薬がたっぷりの可能性もありますから、
産地がしっかり表示されているものを選びましょう。

 

2.使われている材料がすべて表示されているもの

 

野菜から、青汁にするまでにも様々な工程がありますが、
その青汁の中には何が配合されているのか、きちんと表示されていないと
「いったい何が入っているの?」と少し不安になりますよね。
野菜の種類も大切ですが、どんな成分が含まれているのかも
きちんと表示された商品を選ぶようにしましょう。

 

以上の商品選びのポイントに注意して、
健康のための青汁ライフをはじめてみましょう!

 

カイテキオリゴ